• トップページ
  •  > 雑貨
  •  > 【雑貨】離乳食におすすめスプーン、ヒノキの香りと作り手の優しさがあふれた一品

 

赤ちゃんが初めて使うスプーン。

 

初めて使うものだから、

優しくてあたたかみを感じるもので

ごはんを食べてほしいと思っているママも多いはず。

 

そんなママにおすすめしたい、

作り手の優しい思いにあふれた木でできたスプーンです。

 

 

長さの違う2つのスプーン。

 

少し長いほうは「親さじ」。

ママが離乳食を食べさせてあげるためのスプーン。

 

 

ママが持ちやすいように柄を長めに、

浅く小さく作られていて赤ちゃんの小さい口に

フィットしやすいように作られています。

 

もうひとつの少し短いほうは「子さじ」。

赤ちゃんが自分で食べるためのスプーン。

 

 

赤ちゃんが握りやすい長さ、太さになっていて

さじの部分は親さじよりも少し大きめです。

 

木でできたスプーンは熱が伝わりづらいので

赤ちゃんの口に優しく安心です。

 

スプーンの形には秘密があって、

赤ちゃんがうまく泳げるようになるまで

背中に乗せて一緒に泳ぐというお母さんくじら。

 

そんな親子の微笑ましい姿をモチーフにしている

ということ。

なんだかほっこりします。

 

 

テーブルに置いた時に口に入れる部分が浮いて

テーブルに直接触れないように工夫がされています。

 

高知県産の上質なヒノキで作られているので

とってもいい香りでリラックス効果の高い

「ヒノキチオール」がたっぷり含まれています。

 

木の素材感、温もりを感じられる「oil」

こちらは亜麻仁オイルで仕上げられ、

 

真っ黒でかっこいいボディにうっとりする「urushi」

こちらは伝統工芸士さんによる漆塗りで仕上げられています。

 

 

山のくじら舎は高知県安芸市の自然に囲まれた

場所にあります。

 

国内外で高い評価を得ている「土佐ヒノキ」。

芯の鮮やかな赤みと強い香りで

脂分をたっぷり含んでいるので、年月が経つほどに

光沢を増していくという特徴を持っています。

 

その「土佐ヒノキ」の

山に残されてしまう切り株や間伐材を使って

山のくじら舎のおもちゃやスプーンが作られています。

 

 

そして、それを丁寧に作ってくれているのは

高知県でうまれ育ったスタッフのみなさん。

こどもを育てるママさんや若い女性たち。

 

この土地を愛し、自然からの贈り物を材料に

ものづくりをされています。

 

だから、こんなにもあたたかく温もりを感じ、

優しさにあふれるものたちがうまれている。

それが理由のような気がします。

 

優しさがいっぱいのスプーンだから、

出産祝いのプレゼントにおすすめです。

 

 

スプーン以外にもこどもが喜ぶおもちゃがいっぱいの

山のくじら舎。

 

知れば知るほど、たくさんの優しさが伝わってきて

不思議とあたたかい気持ちになってしまうはずです。

 

山のくじら舎

 

→詳しくはYahoo!ショッピングで確認できます

→楽天はコチラ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment





   

☆目的で選ぶ☆

☆カテゴリー☆

☆知育におすすめ☆

☆プチギフトにおすすめ☆

☆人気の記事☆

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM